窓シャッター電動化 大阪市

大阪市内で窓シャッターの電動化工事。

サイズ違いで3台のご注文を頂きました。

TOSTEM(現LIXIL)の『前落とし』タイプの窓シャッターです。

従来のタイプはケースを外すと巻き取りシャフトが見えますが、最近主流の『前落とし』タイプではスラット(カーテン部)の後にシャフトが隠れて見えません。場合によりスラットの枚数の調整も必要です。

また巻き取りBOXのサイドカバー内にスペースが広くありましたので、外に配線出しせずにカバー内で処理でき、レールの中に電源線を落とす事ができました。

同じ収まりですので、一つ抜粋してご紹介致します。

「前落とし」タイプですので、巻き取りシャフトがスラットに隠れて見えません。

シャフトを載せたところの写真を撮り忘れてしまいましたが、この中にシャフトがあります。

シャフト内のモーターからの配線を処理します。

上からのぞくとシャフト類が見えます。

この機種では左右ブラケットとサイドカバーの間にかなりスペースがありましたので、その中で配線の処理ができ、電源線もレールの中を通すことができました。カバーをつけると配線類は見えません。(プライバシーに考慮しお写真はここまでです。)

窓シャッターもぞくぞく電動化中!!